AGING &
INFECTION CONTROL

老化感染制御学 
中台(鹿毛)研究室

主に線虫C. elegansをモデル生物として
発生から老化および感染のメカニズム、制御方法について
研究しています。

sola2.jpg yukei4.jpg

What's new ?

2024.4.22

生命科学研究科大学院説明会(第3回)が5/11(土)にオンライン開催されます。Zoomでお話ができますので、すでにコンタクトしてくださった方もまだの方も、ぜひお申し込みください!
詳しくはこちら

2024.4.6

医生物学研究所進学説明会が開催されます。研究室訪問もありますのでご興味のある方はぜひご参加ください!
詳しくはこちら

2024.4.1

中台(鹿毛)が京都大学医生物学研究所に着任しました。

 

線虫 C. elegans

体長約 1 mmと小さいながらも、基本的な組織・器官を備え、適用可能な分子遺伝学的ツールが豊富なことから、“ヒト”をはじめとする動物一般の生命の理を理解するためのモデル生物としてよく用いられています。 

 

ラボの風景

主に腸内細菌を利用した老化や感染の制御を目指しています。
近年炎症は感染のみならず、さまざまな慢性疾患と密接に関わることが明らかになってきています。私たちは腸内細菌を利用した炎症抑制の可能性にも注目しています。 

協力講座:大学院生命科学研究科 統合生命科学専攻 老化感染制御学分野から大学院生を受け入れます。
入試情報はこちらからご覧ください。
https://www.lif.kyoto-u.ac.jp/j/admission/